六代目のこだわり

美味しいおかしを心から楽しんでもらいたい

廣榮堂武田のホームページをご覧いただき本当にありがとうございます。
廣榮堂武田は安政3年に創業し私で六代目となりました。

「お客様に美味しいおかしを心から楽しんで頂きたい」
この思いは、六代目を受け継ぐ私にとってのこだわりです。
私は、食べ物を扱う者として、第一に「お客様が口にする」という事に真剣でないといけないと考えています。そして絶えず「おいしさ」を追求し積み重ねる事が肝心だとも考えています。

あらゆる食の安心・安全は、厳格な社内基準や社外からの監査によって徹底的に。

目指す味には一切の妥協をせず繊細に大切に取組むように。

職人は、自分達の仕事に誇りと自信と喜びを持てるように。

スタッフは、お客様と商品とお店を愛せるように。

そうして、幾多の皆様と尊い歴史に支えられた廣榮堂武田のおかしは、きっとお客様のご満足をいただけるものと信じています。
是非その味をご賞味下さい。

食の安心・安全へのこだわり

私たちは、まず「お客様の口に入るもの、下手をすれば命に関わるものを作っている。」という事を一番重要に考えています。「食の問題なんて、旨いものを作ればいいじゃないか」ではないのです。これは簡単に考えてはいけないと思うのです。小さなお子様からご年配の方にまでファミリーで安心できる物をお届けしたいと思っています。

味へのこだわり

製造へのこだわり

まずレシピ。これは目指す味にピッタリ到達しない限りカタチにしない。それを信条とし、試作品で作った物も含め全ての味や気付いた点をデータ化、携る全員がそれを共有しています。以前は職人が個々に開発や製造をしていましたが、改善し皆でやる事で、より細かい味を表現できるようになりました。最近では、新たな試みの成果として職人一人ひとりが思いもよらない試作品を考えるようになってきました。技術の伝え方・残し方、味の表現・細かな再現がどれだけできるかにこだわり工夫しています。

素材へのこだわり

素材はまず生産者や加工場がきちんとしているか、規格書をしっかり分析するようにしています。ここがいい加減な所は勝手に原料を変える事があるためです。また添加物の量、種類にも気をつけています。さらに安定供給できるかどうかにも重点を置いています。手に入りにくいものを使うのは偽装につながる恐れもあるからです。例えば国産のものが外国産に変わっていたりという具合にです。その上で、もちろん美味しい素材を使用することにもこだわっております。「いいものを使い、真心をこめて作れば、きっといいものができる」という代々の精神を大切に受け継ぎ日々営業しております。

店内エピソード

ロールケーキ

職人の意欲が上がった瞬間

新作のロールケーキを販売した時の話です。ふと気付くと、店頭にならんだ商品が売れるごとに作った職人が「本当に嬉しい!」と言いながら販売数をカウントしていました。それまでにはあまり無かった事で、それを見て私も大変嬉しかったのを覚えています。店主側だけでお菓子を開発するやり方から皆で取組むやり方に変わってから、職人の意識があきらかに変わったと感じた瞬間でした。

きびだんご

和菓子

洋菓子

 

copyright © 2013 元祖吉備団子製造本舗│広栄堂武田 All Rights Reserved